トップ » PASMOオートチャージサービス » PASMOオートチャージサービスとは

PASMOオートチャージサービス

残高履歴の確認オートチャージする条件や金額を変更する
PASMOオートチャージサービスの有効期限

残高履歴の確認

残額は、駅の券売機やバス営業所等で、履歴として直近20件まで表示・印字することができます。 残額履歴には「残額」のほか「ご利用日」、「ご利用内容(種別)」、「運賃を減額した区間」等が表示・印字されます。
※PASMOホームページのマイページ、PASMO残高履歴照会サービスは終了させて頂きました。

オートチャージする条件や金額を変更する

オートチャージする条件や金額は、1,000円〜10,000円の間で1,000円単位で変更ができます。PASMO取扱事業者の駅でお手続きください。

京急線各駅(泉岳寺駅除く)では券売機にてお手続きができます。

手続き方法

※初期設定は「残額が2,000円以下のときに3,000円がチャージ」される設定となっています。

※オートチャージ実行判定金額とは、オートチャージされるかされないかを判定する金額です。
※オートチャージ実行金額とは、オートチャージされる金額です。

PASMOオートチャージサービスの有効期限

PASMOオートチャージサービスには、有効期限があります。

現在のPASMOオートチャージサービスの有効期限は、現在ご利用いただいているクレジットカードの有効期限と同一です。PASMOオートチャージサービスを引き続きご利用いただくには、有効期限延長のお手続きが必要となります。

お手続きいただけない場合、PASMOオートチャージサービスは退会(注)となります。

注:ご利用いただいているクレジットカードが「パスタウンカード」の場合は、お手続き期間の経過後にクレジットカードも退会となりますのでご注意ください。

クレジットカード(京急プレミアポイントゴールド/シルバー、京急カード)とPASMOが別々の場合

  1. クレジットカードの有効期限更新時にオートチャージサービス有効期限延長手続きの「お知らせ」が届きます。
  2. 「オートチャージサービス機能付PASMO」と有効期限「お知らせ」をPASMO取扱事業者の駅にお持ちください。
  3. 駅にて有効期限延長のお手続きをします。
    駅係員に有効期限延長の手続きに来た旨をお申し出ください。
    京急線各駅(泉岳寺駅除く)では券売機にてお手続きができます。

    手続き方法

    ※一部PASMO取扱事業者では、券売機でお客さまご本人によるお手続きが可能です。
    ※有効期限延長のお手続き期間は、現在ご利用いただいているクレジットカードの有効期限末日の7日前から有効期限の6ヶ月後の末日までとなります。期間内に延長の手続きをされない場合、再度オートチャージサービスのお申し込みが必要となります。

京急プレミアポイントPASMO(一体型PASMO)の場合

クレジットカード有効期限更新時に、新しい有効期限の「一体型PASMO」と、「一体型PASMOをお持ちのお客さまへの重要なお知らせ」がお手元に届きますので、お知らせと新旧の一体型PASMOをPASMO取扱事業者の駅へお持ちください。

※解約となってしまった場合「一体型PASMO」の再発行(新規入会)はできません。